FC2ブログ

さらば?民芸

グループ展「幻想生物博物館」のための作品作りをがんばろうと思ってたんですが、その前に昨年から作りかけであったいつもの作品の仕上げなどに手間取り、時間が掛かりまくってしまい、なかなかその為の制作に入れなかったです。
正直、小さい物でもテマヒマを掛け過ぎてまして、要領が悪く割りに合わない事を自ら続けて来たのを再認識させられてしまいました。
近ごろはオカネの問題の厳しさを強く感じている上に、生活面であれこれありまして、今年の途中からは作家活動のやり方を変えざるを得なくなりそうです。

柳宗悦の民芸運動と言うのもありますが、手づくりでヒィヒィ言いながらテマヒマ掛かりまくってやっと出来上がる作品と、プレスされたプラスチック量産品と同じ感覚で見られる場合もあって、作家としては厳しい物がありまして、それならば付加価値でも付けねばならんのであります。

しかし、たくさんの品々を半量産というか機械的であったり、かなり無造作に描かれたりするところもあるコケシの顔なんかを見て「味があるのぉ」などとあれこれ論じるのは不思議な感覚でもありますね。



「幻想生物博物館9」
西暦2020年02月04日(火)から02月09日(日)(月曜お休み)
営業時間:11:00から17:00 最終日16:00
ギャラリーソラト
〒605-0021 京都市東山区三条通白川橋西入上ル石泉院町394 戸川ビル2階「カオスの間」内
入場料:¥200
20200120054621b7c.jpg

お正月が過ぎ去り、日常は戻るか?

今年も1月10日になってしまいました。

早くも、新年の決意もどこへやら?元の木阿弥以上という残念な事も多い時期を迎えてしまいました。

お正月といわれる期間、個人的にも社会的にも心配事で一杯なのもありますが、そうでなくてもどういうわけだかこの時期は神社仏閣をめぐったりしております。

日ごろはクルマなんかがうるさい街にあって、神社仏閣ばかりが静かになれる場所であるというのに、この時期だけは人が一杯でにぎやかながらうるさかったりします。

しかしながら人気があるところばかりでなくて、正月でありがながら人がマバラなところもありまして、その差はなんだかよくわからないながら、少ないながらそういうところに賽銭を入れて来てしまいます。

で、お参りの写真も結構撮ったんですが、今回の画像はいま制作している関係ない物を載せておきます。
制作も進まないけれど、他の事も進まないので、あれこれ間に合わないという事態にならんようにしたい物だと思っております。
IMG_2608.jpg

さよならの一年と年賀状

この文を書いているのは大晦日なんであります。
かつて大晦日と言えば一年間の出来事をあれこれと思い出していた頃がありました。
どうにも反省させられる事ばかりであって、自分で自分を褒められるような事が思い付かぬという残念さであったものでして、それでその習慣をやめてしまったんだか?今となっては思い出せませんがね。

年末は大掃除と年賀状作りを同時にこなさねばならんという面倒さですね。

日ごろ作品作りをしながら、年賀状作りはめんどくさい。
好き勝手な作品ばかり作ってる性質の作家は、他人からの注文が苦手なのと同時に年賀状などのある程度の決め事のある物を作るのが苦手なんです。
自分自身はそうでもないかと思ってたんですが、やはりそんな性質であったんだなぁと自覚させられます。単に技量が足りないだけかもしれませんが・・・。

「年賀状欲しいなら送ってやっても良いよ。ただし着払いでな」などと威張ってても、この時期は郵便屋さんが大忙しなので無理なんであります。
しかも配達してるのが臨時配達員であったりするのでいつもより多くの問題が発生してしまいますね。
かつて、遠い過去の事なんですが、年賀状一枚も来ない年がありまして、「とうとう嫌われ具合もここまで来たか?」と思っていたんですが、間違ってお隣りに配達されていたと言う事があったのを思い出しました。
そう言えば、郵政が民営化されてしまって何年になるんでしたかね?

なかなか厳しい現実が一杯の世の中と人生でありますので、
来年も間違いなく訪れる厳しさを避けて通れませんが、少しでも良い展開になる事を希望しております。
以上は自分の希望なんですが、みなさまには良い出来事の多い年になりますように。
来たるべき新しい年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
IMG_2370.jpg
一年最後の画像がこれなんでございます。
画力だけが若返っていると言うべきか?先祖がえりと言うべきなんでしょうね。

kaeruさんや自分の展示

この冬はかなり暖かかと思いますが急に冷え込みまして、爬虫類ならずとも寒いと動きが鈍くなってしまいますね。年末にやるべき事なんかもなんにもすすまないです。

かつて、イベントでブースの一角をお貸しくださって、一緒に出展させてくださってた事もあった月乃カエルさんがyuta okudaさんとのコラボ展の開催をされてらっしゃいまして、カエルさんご夫妻も遠方からわざわざご在廊されてるとの事で、昨夜見に行って参りました。

okudaさんもカエルさんも大変なご活躍されてまして、海外展開もかなりされてる模様ですが、私なんかにもご親切にして下さいましてありがたいです。
年末の最終土日が最後の2日間です。
yutaokuda Solo Exhibition & Yueru Solo Exhibition
2019.12.24(tue)ー2019.12.29(sun)
11:30 ー 20:00(最終日は17:00まで)
gallery+cafe blanka(ギャラリー&カフェ・ブランカ)
〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内1-12-3
IMG_2362.jpg


で、ワタクシたましですが、西暦2020年02月04日(火)から京都市東山駅近くのギャラリーソラトでおこなわれる「幻想生物博物館9」というグループ展に参加いたします。
来年の事じゃとタカをくくってましたが、2月の頭なのでひと月ほどしか時間が無い事に気づきました。
年末年始は制作をお休みしておりまして、その後も調子が上がるのかどうか?心配は尽きないんであります。
ギャラリーソラトさまは入場料が200円ほど掛かるかと思いますが、よろしくお願いいたします。


「幻想生物博物館9」
• 日にち:西暦2020年02月04日(火)から02月09日(日)(月曜お休み)
• 営業時間:11:00から17:00 最終日16:00
• 場所:ギャラリーソラト
• 〒605-0021 京都市東山区三条通白川橋西入上ル石泉院町394 戸川ビル2階「カオスの間」内

夜中の掃除も

季節感がないですが、世の中は年末になってるようなので、そろそろそれらしい事をしていかねばならんのであります。
大掃除もせねばならんのですけど、それどころか日ごろから掃除をおろそかにしてるところがありまして反省させられるんであります。
毎日、来る日も来る日も「『ありがとうございます』『ありがとうございます』と言いながら掃除しましょう」なんて教育的意見もありますね。
深夜にバンバン掃除機かけまくるのも気が引けますけど、他人の目を気にしない性質の方であればやってしまうんでしょうね。しかも本人は善かれと思っての行為であったりすると周りとの軋轢が大変な物になって行くんであります。
話の通じない人と言うのは居るものでして。

ワタクシ、このところというか、土日などで暇のある時はそうなんですが、なんだかんだで他人の作品展示を見に行ったりしているんであります。
私はあんまり作品発表の場が得られないんですが、たとえ本意で無いとしても怪奇系などの何らかのジャンルに属した方がそういう場を得られると言うのが現実のようなので、そうやってやって行った方が良いのかと思ったりもしております。国会議員で無所属の議員は助成金をもらえないと言うのと同じかはわかりませんが。
しかし、制作も進み具合が悪く、積極的性格でもないので、ネット上でさえどんどん発表出来てる訳でもなく、作品出せる場が多くないのは当然ではありますね。
「もっとがんばりましょう」というヤツです。

で、来年に参加する展示会やイベントの情報はまた発表させていただきます。
IMG_2233.jpg

プロフィール

たまし

Author:たまし
「かおだま」づくりの「たまし」です。
いきとしいけるもの、いきないもの、ゆめにでるひとなどをつくってよにおくりだしております。
どうぞよろしくおねがいいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ