自然災害、死と夢、画廊、地下

自然災害もあちこちで大変なことになっていて、いろいろとココロガカリや心配のタネはつきませんね。
しかし「世界全体の幸福無くして、個人の幸福はあり得ない」などという意見もありますが、
「死ぬ間際までニュースばかり見て、世の中の心配ばかりでおわってしまったら、自分の人生をまっとう出来んじゃないか?折角、大往生できたとしても台なしじゃ」などともかんがえてしまいます。
とはいえ、事故死だの災害死だの戦死だの、その他ものを考える間も無く死んで行く人も多くて、それどこじゃないわりあいもおおくて、おだやかに死ねるだけでも余程に運がよいかもしれませんが。

今度の土日、2013/10/19(土)11:00から19:30、20(日)11:00から17:00に夢画廊というところでおこなわれるアートフリマに作品だすので、よろしくおねがいいたします。
場所は名古屋市営地下鉄の伏見地下街にあります。
台南からやってきた打開連合設計事務所というひとたちによって、地下街の雰囲気が変わっております。
ちかばで、いろんなおまつりや、もよおしがあって、ヒトが沢山だよおもわれます。

コメント

非公開コメント

プロフィール

たまし

Author:たまし
「かおだま」づくりの「たまし」です。
いきとしいけるもの、いきないもの、ゆめにでるひとなどをつくってよにおくりだしております。
どうぞよろしくおねがいいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ