誰もが横綱相撲


オリンピック報道見ると「感動、感動」なんて言ってますが、感動と勝利の両立はやや難しいみたいですな。

「横綱がケタグリや肩透かししてはならん」と言われながら、同時に「勝たなくてはならん」と両面を求められても、
誰もが横綱相撲取れる訳ではないよな感じで。
大技を求めるならば、失敗しても大目にみてもらえるか?勝つためには手段を選ばないでも良いか?いづれかにしてもらわねば、なかなか現実的でないようです。

大技を狙いつつ勝利も求めていると、二兎追うものは一兎も獲ずに陥る場合が多いらしいですな。

作品つくってると、好きな物を作っていて、評価を得られないのはしかたないが、それほどでもないものや、他人から言われて作ったものが評価されないと納得いかなかったりすんであります。

コメント

非公開コメント

プロフィール

たまし

Author:たまし
「かおだま」づくりの「たまし」です。
いきとしいけるもの、いきないもの、ゆめにでるひとなどをつくってよにおくりだしております。
どうぞよろしくおねがいいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ