作品の部品化主義

立体造形作品は、複製できないのが問題なんですが、いろんな角度から写真撮ったりすると、正面から見たのとはちがう表情が見えたりするんでありまして、どんどん撮影するのも良いかもしれません。

で、去年のお正月あたりから、この小僧を外へ連れだして写真をよく撮ってるんであります。

いろんな景色のおかげで、写真作品ができあがりますね。
自分でつくった立体造形物が、部品化するわけでごさいますね。

それからヒントを得てというか、平面作品も立体作品のように、きりとって組み合わせなどする「部品化」によって、あらたなものが生まれるかな?などとも考えております。

コメント

非公開コメント

プロフィール

たまし

Author:たまし
「かおだま」づくりの「たまし」です。
いきとしいけるもの、いきないもの、ゆめにでるひとなどをつくってよにおくりだしております。
どうぞよろしくおねがいいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ