セミじじい

厳しい暑さも少しはやわらいで来て、いまはセミが鳴いてます。
セミなんて7年間も地中で育って、地上に這い上がって来たかと思ったら、皮を破って飛び立ち、ミンミン鳴きながら、数日間で死んでしまうんですよね。
飛び方や鳴き方は何処で覚えるんだか知りませんが。マイクロチップだかナノチップだかを埋め込んで、一匹のセミを一生観察し続ければちょっとは謎が解けるかもしれません。
セミとヒトとでは人生観というか、蝉生観というかが丸っきり違うでしょうね。
世の中には、セミのような生き方を企むヒトも居るかもしれませんが、長年辛抱する忍耐強さと、最後に力を使い果たす程の元気みたいな物も要るので、簡単では無いすね。

コメント

非公開コメント

プロフィール

たまし

Author:たまし
「かおだま」づくりの「たまし」です。
いきとしいけるもの、いきないもの、ゆめにでるひとなどをつくってよにおくりだしております。
どうぞよろしくおねがいいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ