カエルのココロ

201511202353022a1.jpg
この連休中もあちこちで催しがあって、出展している友人知人もたくさん居ますが、寒くなってきて気を付けないといけない冬眠の季節ですね。
ちょっと改造してるこの人形のカオがカエルに似てるなと気づきました。
カエルに言われちゃしょうがないという奴ですね。

諏訪大社で、生きたカエルを矢で串刺しにして、生け贄にする行事が今だに続いてるというので、抗議に参加するんだという知人がいました。もしかして近い将来見えなくなるかもしれないので、見たい人は今の内に見ておかなくてはならないかも知れません。

生け贄にするという事は、それだけカエルちゃんがたくさんいる環境なんでしょうかね?
かつては鹿の頭なんかもたくさん飾られたみたいですごいですが、今やそれはヤメになっているようですね。

子どもの頃、家からわりと近くの大手スーパーマーケットにカエル肉専門店がありまして、アラワなスガタを見せられてたものです。「このスーパーマーケットチェーン店では、どこの店舗にもカエル肉専門店が入ってるんだろうな」と思ってたんですが他の店舗行ってみるとそんなカエル肉店を見かける事はまったく無かったんであります。
後から聞いた話では、古くからの商店街の店舗が、そのスーパーマーケット出店の時に立ち退き→スーパーの専門店街に入り、カエル肉専門店も生き残るという事だったらしいです。
個人的には食べた事無かったですが、その地域ではカエル肉の需要が高かったのかもしれませんね。

聖徳太子は馬小屋で産まれたらしいですが、日本で肉食(生け贄も?)しなくなったのは、仏教が普及してからの事であって、それは聖徳太子のおかげなのならば、それまで馬の肉でも食べてたんですかね?よく知りませんけど。

コメント

非公開コメント

プロフィール

たまし

Author:たまし
「かおだま」づくりの「たまし」です。
いきとしいけるもの、いきないもの、ゆめにでるひとなどをつくってよにおくりだしております。
どうぞよろしくおねがいいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ