覚王山アパート厠画廊での、たまし個展最終週です

ここ数年間、動画サイトなんか見たり、音だけ聞きながら制作なんぞしてたりしたものですが、その動画サイトアプリなんかがアップデートされるたびに劣化してきてるのか?それを動かす本体が付いて行けないのか?まともに見るのが難しくなってしまいまして、昔、ろくに映らないテレビを調整しながら必死で観てた感覚を思い起こさせます。

そんな事は良いんですが、覚王山アパート厠画廊での個展がいよいよ最後の週末をむかえております。終末ということばもありますね。

厠画廊おとなりのsoboというスペースでは、晴三さんという版画の方が個展されてるらしいです。この方は「たまし」の20倍くらい売れてると思われる方です。なんで晴三というお名前なんだか知りませんがね。

名前というと、社会において名前にも傾向がありますね。苗字というのは残りますけど、下の名前というのは、社会の変化によって変わっていきまして、不思議な物だな〜とも思います。

鮎子さんだとか、鮎という魚のお名前の方は居るのに、鮭さんは聞かないですよね。金魚さんや鯉さんも聞いた事無いです。
龍だの虎だのはあるけど、近ごろは熊はあんまり付けないんですね。
犬や猫は好きな人は多いのに名前となると今や付けないですね。
ナマケモノがすごく良いと思うけれど、世間的にはあんまり良くない印象なんでしょうかね?
これが当たり前だと思ってるけど、時代が違えばまた違うんですな。時代を切り開くべく我が子や孫の名前をナマケモノにするという手もありますけど勇気が要りますね。社会に合わせるのは大変です。

IMG_2526fc.jpg
koreha anmari kankeinaidesu

「たまし」個展「キヨメチモ」
西暦2017年03月30日(木)まで(11:00から18:00 火曜・水曜お休み(21日は営業))
覚王山アパート内厠画廊
〒464-0064 愛知県名古屋市千種区山門町1-13 覚王山アパート1階 (名古屋市営地下鉄東山線「覚王山駅」一番出口より徒歩数分)

コメント

非公開コメント

プロフィール

たまし

Author:たまし
「かおだま」づくりの「たまし」です。
いきとしいけるもの、いきないもの、ゆめにでるひとなどをつくってよにおくりだしております。
どうぞよろしくおねがいいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ