根性職人

プロレスの上田馬之助さんが亡くなったそうで。悲しいです。

思えば、かつてのスポーツ根性物、スポーツ根性漫画、略して「スポ恨」ですが、主人公などの登場人物が、野球なら千本ノックを受けるなど、死ぬ思いでがんばってたですね。
その頃はそれを見て「アタマおかしくなるくらいがんばらなくては一人前になれぬものか?」などと思ってしまったものです。
実際、昔の職人さんなど、指の二、三本吹き飛ばして、やっと一人前の仕事も多かったとか。
ダルマさんだとか、かつてのえらいお坊さんなんて「歩けなくなっても良いや」という覚悟で座り続けたらしい。
まさしく命懸けでがんばってたんですな。
転職だとか、将来の事を考えてたらできない事ではありますね。ううむ。

コメント

非公開コメント

プロフィール

たまし

Author:たまし
「かおだま」づくりの「たまし」です。
いきとしいけるもの、いきないもの、ゆめにでるひとなどをつくってよにおくりだしております。
どうぞよろしくおねがいいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ