安心したい思い

寒いので雨戸閉めている窓の外、ベランダからおかしな物音がするので警戒していたんです。
怖い人がいたりしたらどうしようか?怖くない人でも、この場合怖いんですが。
「雨戸を開けたらいきなりとんでもないことになったりはせぬか?」などとかんがえて、警戒をしながら息をひそめていました。
しかし、ネコらしき鳴き声が聞こえて来たので、とりあえずひと安心したというか、眠いのもあるし、そのままなんです。
安心したい気持ちが、現実の危機感を上回ってるんですね。

そんな中、週末に出店があるんですが、
もう10年以上やっていながら、出店やその準備が一向に上達しないのがこまったものであります。
特に屋外出店が苦手で、震度0の地震以前に日常的なわずかな風にもおびえてながらの出店です。
しかし、風が吹く、雨が降ると言う危機感よりも、なんだか「ネコでもおるわい」という感じでみずからの心をごまかしてお店を出すのが現実なんでござります。

DSCN1187k.jpg
画像は8年前の作品です。

コメント

非公開コメント

プロフィール

たまし

Author:たまし
「かおだま」づくりの「たまし」です。
いきとしいけるもの、いきないもの、ゆめにでるひとなどをつくってよにおくりだしております。
どうぞよろしくおねがいいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ