夢の図録

映画、演劇、美術展、博物展などで、本編を見た後も図録を買って、後で見直しをするという行為がありますが、
買うだけ買っておいて、滅多に見ないが、部屋の整理整頓をしている時にそれが出てきて、「ああ、こんなのも見に行ったな」という感じである事があります。

夢なんか、毎晩のように見てるかもしれないのに、その中身はおおむね忘れてしまっているので、図録を買うような感じで、夢の日記を付けるのも良いかもしれないですね。
日記は、あの時はああで、お金をどれだけと記録を付けるのに対して、
夢の場合、実生活の日記と違い、何がなんだか、現実と随分ちがうので、表現しきれない場合も多いかもしれません。
日記も、毎日欠かさず付けていて、忘れたり記入漏れがあると気分が悪いという人もありますが、夢日記も欠かさず付けいている方もいるようですね。

個人的には、眠れないと、細かい事を気にしないで夢を見てるフリをすると眠りに入れる事が多いですが、逆に眠くてしかたない時に起きられないのが困ります。

コメント

非公開コメント

プロフィール

たまし

Author:たまし
「かおだま」づくりの「たまし」です。
いきとしいけるもの、いきないもの、ゆめにでるひとなどをつくってよにおくりだしております。
どうぞよろしくおねがいいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ