腕時計の子

12年間使いつづけた腕時計を無くしてしまいました。
無くしてから、腕時計をしていないにも関わらず、左手首を見る習慣が抜けないままです。
脚を切断した人が「無くなったところが痒くてしょうがない」と言ったりしますが、
今は、携帯電話をずっとポケットに入れている人が、ポケットに電話が入ってない時でも、ポケット部分が動いている気がしてしょうがないという事があるようです。

かつて、「2001年宇宙の旅」の作家、アーサー・C・クラーク先生が、たしか20年ほど前、「近い将来、腕時計型の携帯電話をみんなが持つようになる」とおっしゃってましたが、結局、携帯電話は別の方向に進化しましたね。

思えば、時計、時間だけを腕に付けて肌身離さず持ち歩いているというのも、不思議な感じがしないでもないですね。
しかし、いろいろ機能が付いているデジタル時計より、アナログ時計の方が、いまだに人気あるようです。

そういえば、いい歳になるまで、腕時計を持つ事ができずで、時間を調べるのに不自由してたり、子供の頃、自分だけ腕時計をもらえなかったりしたのを思い出しましたが。

12年間使ってきた、腕時計は「10年使おう」と奮発して買ったのも思い出しました。
10年のつもりが、12年なら、天寿をまっとうしたというべきか?
まだまだ使えるはずなので、出てきてほしいですが。

コメント

たましさん今晩は。

物持ちが良いのですね。
私はすぐ物を壊す&無くすので
100円ショップで買った時計を身につけています。
結局バンドが何ヶ月かで壊れてしまい、すぐ買い替えになるのですが…
ちょっと奮発して良いものを買った方がいいのだろうかと思ったりもします。

>思えば、時計、時間だけを腕に付けて肌身離さず持ち歩いているというのも、
不思議な感じがしないでもないですね。

確かにそうですね。時間を身につけて常に把握していないと落ち着かないのか。
几帳面な日本人の性なのでしょうか。面白いですね。
デジタルよりアナログなのは、アナログの方が繊細に見えるからでしょうか。
チクタクと針をけなげに刻むその姿に、愛おしさを感じるのですかね。

12年も使い続けていたのでしたら
愛着も湧くでしょう。
私が唯一使い続けている物といえば、幼稚園の頃に
母が作ってくれた巾着袋くらいでしょうか。

何はともあれ、見つかるといいですね。

2001年宇宙の…映画は大好きでした

「なんでも機械がやるようになって、いずれ人間は指一本に退化する」というのも聞いたことがあるわ。
携帯とかスマホとか触ってる人を見ていると、なくもない話かも…と思ってしまいます
ちょっと怖いけどね

Re: タイトルなし

アジシオ小太郎さん、ありがとうございます。
こちらも、モノをすぐに無くしたり、壊したりしてしまいます。
腕時計、長年使っていましたけど、バンドは一年に一回くらいの割り合いで代えてますね。
最新のバンドは、一年あまり前に買った安物がわりと長持ちで、「高級なら良いというもんでも無いんだな~」とも思いました。

肌身離さず持っているもの、時計以外では、音楽プレーヤーやゲーム機などはともかく、かならず要ると思われるモノはありますかね?
ラジオをいつも聞いている人もいましたね。
あると便利な線量計、温度計、騒音計など持つ人も出て来るかもしれませんが、結局、携帯電話に収まっていくかもしれませんね。
もしかしてデジタル時計になら機能が入るかもしれませんが、
アナログ時計はやっぱり無くならなさそうですね。

アジシオ小太郎さん、お母さんが作ってくれた巾着袋は、これからも大事にしてください。
こちら、腕時計は無事に見つかりました。心配かけてすみません。

Re: タイトルなし

M子さん、ありがとうございます。
「2001年宇宙の旅」、実はワタクシ、小説も映画も途中で挫折して、最後まで見てないんです。
そうこうしている間に、2001年もとうに過ぎ去り、2010年も過ぎ去ってしまいました。
時代の舞台となるはずの時期がすぎさった後から見ると、印象も変わるかもしれませんね。

「なんでも機械がやるようになって、いずれ人間は指一本に退化する」ですか?目と指があって、移動装置付きのスマートフォンでもできれば、他は食事などできれば問題ないかもしれませんね。
非公開コメント

プロフィール

たまし

Author:たまし
「かおだま」づくりの「たまし」です。
いきとしいけるもの、いきないもの、ゆめにでるひとなどをつくってよにおくりだしております。
どうぞよろしくおねがいいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ