作業効率 みかん箱でがんばってた

我が作品つくりは、おりたたみの小さな机の上でおこなわれております。
かつては、おりたたみ式で脚が70cmほどの机の上での作業、椅子にこしかけてやっておりましたが、
材料がたくさんいるので、狭い机ではできないということで、脚が30cmもないがちいさな机をもちいて、
机から近い、床に材料をならべて、椅子ではなく、床にじかに座って作品つくりをしております。

でも、かがんでセナカをまるめてやっている感じで、疲れ易いのもあって、作業がなかなかはかどらないのであります。
せめて、もうちょっと良い机でおこなえば、作業効率も上がるだろうとかんがえており、
おりたたみの良い机をさがしております。

逆に、パソコンを置いている机はちょっと大きめで、いつでも椅子にすわれるようになっており、
快適なため、ついついのんびりやってしまいます。
パソコンの机と、作品つくる机を逆にすれば、わずかにあいた時間にでも、作品づくりができるし作業もはかどるかもしれないともかんがえてしまいます。

しかし、おもえば、かつてのひとたちは、木製のミカン箱などをひっくりかえして作業台にしてがんばっていたんですから、我ながらなんと生意気に贅沢を言っているのだろうとも感じてしまいます。

コメント

非公開コメント

プロフィール

たまし

Author:たまし
「かおだま」づくりの「たまし」です。
いきとしいけるもの、いきないもの、ゆめにでるひとなどをつくってよにおくりだしております。
どうぞよろしくおねがいいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ