一喜一憂

作品づくりするものの、考えが実行に移せず。
不調の時は単純作業をすると良いかもしれないが、それもうまくいかず。
相当衰えたな。
色んな方からアドバイスいただいても、全然実行に移せず。気持ちも入らず。

明日の晩はまた会合に行って来なくてはならんです。
その前にこの前、知り合いたちが合同で展示しているということで、あたらしくできたギャラリー兼カフェ&バーみたいなところに行って来ました。
その昔、その近くの画材屋さんに通ってたのをおもいだしました。もう15年以上も前のこと。
15年以上経っても、ここまでさえないとは当時思いもしなかったが。
将来こうまでさえなくなってしまうとあの頃わかってたら、その頃にやめてたかな?
かっては、世間的評価だとか、そんな事はそれほど関心事では無かったとはいえ。
この先、15年経ってもさえないままだったら、やってられませんが。
それ以前に、今、気持ちもふくめて改善しなくては自然と続かなくなるけれど。

希望持ったり、絶望したり、目先の事で一喜一憂すべきでないのか?
でも、一喜一憂することで毎日がつづくのかもしれませんです。
先が見えないからこそつづいてきたです。

いまや全然ダメなままな未熟性と、他人の脚をひっぱり、社会の発展を妨害する老害性との両立している稀有な存在になってしまいましたが。
行って来た会合は成果なく。
残念ではありますが、このくらいのものか?

コメント

非公開コメント

プロフィール

たまし

Author:たまし
「かおだま」づくりの「たまし」です。
いきとしいけるもの、いきないもの、ゆめにでるひとなどをつくってよにおくりだしております。
どうぞよろしくおねがいいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ