人生の締め切り

ここ数日は、新しいものをつくるよりも、かつてつくったものを改造している。
締め切りをつくって、それに間に合わせるような事をやっていたので、そこそこの出来で「一応完成」という事にしておいたものも多いので、見直すと物足りなかったりして。

まじめにやって、自分にとって優れた物を作るのには本当に時間が掛かる。
作品づくりは勿論、いろんなこと、「途中で、締め切りや寿命が来たならしょうがない」と思って、時間を気にせず力を注いだ方が良いのかもしれない。
Image959.jpg
ヤケになるのも一つの手だけれど、自分が死んでも、恐らく世の中は続いて行くし、死後の世界もあるかもしれないし、死んだ後もそのまま続いて行くかもしれないし、
そもそも明日死ぬかもしれないんだから、〆切り予定立てるより、200年くらい掛かるかもしれなくても「もしかして長生きするかもしれない」と思ってこつこつやって行くべきかもしれない。

私は動きが鈍いので、いろんな事やるのに時間かかるから、
質より量の人生でせめて長生きしなくてはならんかもしれない。
100年ぐらいすればよくなるかもしれないし。
私みたいのが長寿記録でもつくったら腰を抜かすけれど。

でも、やっぱりすこしでもはやくうまくいくことをねがう。

コメント

非公開コメント

プロフィール

たまし

Author:たまし
「かおだま」づくりの「たまし」です。
いきとしいけるもの、いきないもの、ゆめにでるひとなどをつくってよにおくりだしております。
どうぞよろしくおねがいいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ