だれにたのめばをゆるしてくれ

IMG_8248gf.jpg
チビのころ、初詣などで神社に行っておみくじをひかせてもらうと大吉がよく出たもんです。
が、いつからか凶が出るようになって、実際、なんだか運の悪さみたいなものを感じるようになりまして、おみくじをひくのが辛くなって嫌になってやめてしまいました。
自分にとっても凶だったけれど、客を失った神社にとってもちょっと凶だったかもしれませんですが。

「今日の運勢」だとか、占いなんか見せられても、先が見える時点でとるべき行動が変わってくるので、「今後の事がわかる」というのもなんだかよくわからないです。

「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」なんてお言葉があるんだそうで、
たしかに、「あれだけ失敗したのに勝つだなんて不思議」であって、「あれだけダメだったんだから負けるのは当たり前だわな」という感じなんでしょうかね。

「今、こうなってしまっているのは自分の責任でしかたない」と受け入れることを自業自得というそうですが、
その逆で、「うまくいかないのはみんな他人が悪いのじゃ」と言うのを外罰的というんだそうですね。

でも、実際は、うまくいく場合も、まったくうまくいかない場合も、理由がなんだかよくわからず、人生全般何がなんだかよくわかりませんです。

コメント

京都の某神社、時期もずれているのに私が引いた合計5回のおみくじが全部凶と大凶しかでない所があります。そこのおみくじ売りの方いわく、そんなの笑って受け流せばよろしいと言われましたがちょっとね。きっとまた行ったらめげずに引くと思います。箱ごと大人買いする人はいないのだろうか。割合をみてみたい。

Re: タイトルなし

peramamaさん、なんと、そんな事もあるというか、そういう神社なんでしょうか?
箱ごと大人買いすると、凶や大凶の率から、自分のくじ運がわかりますね。
クジは、どこで作ってるんでしょうかね。神社ごとか?本部なんかあるんですかね?
凶率の高い神社もあるかもしれません。
非公開コメント

プロフィール

たまし

Author:たまし
「かおだま」づくりの「たまし」です。
いきとしいけるもの、いきないもの、ゆめにでるひとなどをつくってよにおくりだしております。
どうぞよろしくおねがいいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ