ナガハマにでることになったりしております

西暦2017/09/24(日)に吹上ホール第1ファッション展示場でひらかれていた 「JUNX outside toyshow vol.9」にワタクシたましは、そーさんれとろくまさん(mabeyuさんに改名されてますが)、ボバンチさんとの4人組で「それくぼた」として出展しておりました。みなさま、ありがとうございました。

このイベントは今回をもってオシマイになってしまいそうでして、次回からはカタチを変えてもっとオオガタ化されるようなんですが、テレビ局に飲み込まれてしまって、独自性がなくなってしまうんではないか?と正直すこし心配もしております。
今回、すでに前回とは雰囲気が変わってしまっておりまして、ややあっさりした感じの催しになってました。

ブースは随分と奥の方に追いやられてまして、さらに奥の方であったらどうなってしまっていた事やら?というくらいでした。
個人的には、例年にも無い程の今年の厳しい状況が今回も例外でなく、ますますの厳しさを味わっております。
IMG_6195fc2.jpg

たましが次に出るイベントは、2017/10/07(土), 10/08(日)におこなわれるアートイン長浜です。3年ぶりに参加させていただきます。
ブース位置は「大29」という多分メイン通りのようで緊張してしまいますが、多くの方々に見ていただいても恥ずかしくないマシな展示にせねばと思っております。
起死回生とは行かないんですが、好ましい事があるよう願ってもおります。
nagahama75cc.jpg

それから、目前の展示会、TASHWORKSでの「おおざる工房のとっておき展」は会期が10/01(日)〜10/20(金)です。
準備がまったく出来てなくて困ったものですが、みなさま、よろしくお願い申し上げます。


「おおざる工房のとっておき展」
西暦2017年10/01(日)から10/20(金)
TASHWORKS(愛知県海部郡蟹江町大字須成字下真菰ケ坪2398-1)

とっておきとJUNX

もう9月も20日になってしまいましたね。
今月はブログ投稿をずっとお休みしてしまってまして、見て下さってた方には申し訳ないです。

作品づくりの方もやってた事はやってたんですが、いろいろと低迷している影響もあってか?なかなか進まずでした。
涼しくなって来ているし、寒くもないので、本来であればやるべき事がもっともはかどる季節ではあるはずなんですがね。
制作スタイルが計画的でも無く、即興的でもなくやって来たので、その辺りもマズイと今更ながら気付きましたが、今後、その気付きを活かせるのかはまだわかりません。

とりあえず8月におこなわれた「死霊たちの夏」展でかざっていただいてた作品の改造と、「おおざる工房さん」からお誘いいただいて、愛知県蟹江というところにオープンしたTASHWORKSさまで10月におこなわれる合同展(「おおざる工房のとっておき展」)で飾っていただくためのものを作っております。ものすごい遅いペースでなさけないですが。
IMG_5807ani2.gif IMG_6146c.jpg

それから、今度の日曜に吹上ホール第1ファッション展示場でおこなわれる「JUNX outside toyshow vol.9」がいよいよ目の前に迫ってまいりました。

(2017/09/24(日)11:00から18:00
吹上ホール第1ファッション展示場
(名古屋市営地下鉄桜通り線「吹上駅」5番出口から徒歩5分)
入場料:前売り1000円 当日1200円)

同時開催のナゴヤレプタイルズワールド2017という爬虫類イベントと相互入場料金ワリビキがあるらしいです。100円だけですけどね。
もしかして爬虫類ファンの方もJUNXにお越しになられるかもしれません。
爬虫類人みたいな作品もあるので、そちら側のイベントに行ってもらっても違和感ないんだか?そのイベントをあんまり把握できてないので、よくわかりませんがね。
IMG_6068.jpg

あ、JUNXでのブース位置はB-49から51です(「れとろくま」さんと「そう」さん「ボバンチ」さんと合同ブース)。
出入り口からは遠い地点になってしまって、すこし心配でもあります。
このイベント最後の開催でもあるので、お越しになれそうな環境の方は是非にお出掛け下さいますようお願い致します。
DITSvgfUEAAfseb.jpg

2017junxhaichizu.jpg

JUNX最後の出展です

報告遅れましたが、GINZA GALLERY STAGE-1でおこなわれていた「死霊たちの夏」展は、この前の土曜の8月26日をもっておわりました。

現地に訪れる事も出来ず、どんな展示になっていたのか?詳しい事はわからないんですが、SYS-TUNAさんからご報告いただきましたところによりますと、ラップ現象など妙な事が多々あったようなんでございます。

個人的には正直あんまり自信作というのでも無かったとは言え、ひとつとして売れないのは流石に厳しいんであります。
作品づくりの事ですが、今に始まった事であったか定かではないとは言え、正直、質も量もどんどんマズくなってるようにも思えてしまいます。
しかしながら、制作者自身が気に入ってない物でも、「@良い」と思ってくれるお客さんも居るかもしれず、ハッタリでもないけれど、いろんな採点競技なんかでも失敗しててもそんな事ないフリするのも技術みたいでして、自信あり気な態度を取った方が良いかとも思っております。
今は送り返していただいた作品の改造をおこなっておりますが、うまく行った良さげな作品を仕上げるよりも出来の悪いヤツをマシにする方が時間が掛かってしまいます。人生も一旦つまづくとなかなか立ち直れないみたいなもんですかね?
頑張ってやって「こんな苦心して作ったんです」なんて言ったところで、他人から見れば知った事ではないんでして、「やっと議員になったんです」という必死の叫びも、他人からは失笑を買ってたぐらいですからな。
IMG_5498fc.jpg

気を取り直して、次の催しは「JUNX outside toyshow vol.9」(2017/09/24(日)11:00から18:00
吹上ホール第1ファッション展示場 入場料:前売り1000円 当日1200円)です。
今回、我がブースは去年一緒に出ていただいた「ボバンチ」さんに加えまして、その相方とも言える「そー」さん、それに「れとろくま」さんの4組3ブースでの参加になります。ブース名はたましが勝手に決めてしまいまして「それくぼた」です。
IMG_2834_f2c.jpg
そして、悲しい事に事情はわからないんですが、JUNXは今回が最後の開催になってしまうようなんです。
他には無いような珍しさで、すごく楽しいイベントなのに勿体ない限りですね。
ワタクシたましも、この調子ではこのよくわからない活動をいつまでも続けて行くのはなかなか難しそうでして、その内やめる事になってしまうかもしれません。こっちの方はあんまり勿体なくもないかもしれませんが。

ソラガヒカル おしまい

ここところものすごい暑さですね。そうでない時には物凄い雷雨が来ます。それも突然来たりしますね。短時間に一気に降って止んだりもしますね。
近ごろはイナヅマを見てとても綺麗だと思うようになりました。
音もしなかったりして、空が光り続けてる現象など、まったくもってうつくしいです。
不謹慎ながら、戦争の空爆の場面さえ離れて見ると奇麗に見えたりするぐらいですからね。それは、戦争の悲惨さを隠すための宣伝的映像だとも言われてますが。
北陸にカミナリ見学ツアー行くのも良いですが、オーロラ以上にあてにならないかもしれません。


それから、「死霊たちの夏」展、いよいよおわってしまいます。
お盆過ぎても厳しい暑さですけど、自分自身は風情のある納涼行事なんぞなんにも出来てないです。
秋からの催しなどに出展すべく申し込みなどしてるんですが、資金が足りなくなりそうでして、せめて展示会なんかでちょっとは売れないかなと随分と安めで展示販売させていただいてます。

IMG_5580.jpg
この画像はなにがなんだかわからないかとも思いますが、雷の画像と現在展示中の画像を合わせたものです。
何が配置されてるかわかれば、怪獣かなんかが闘ってるみたいにも見えるんです。


「死霊たちの夏」展
西暦2017年08/21(月)から08/26(土)(12:00から19:00まで。最終日は16:00まで。)
GINZA GALLERY STAGE-1
104-0061 東京都中央区銀座1-28-15鈴木ビル1F

わけへだて、少数派、「死霊たちの夏」展

普段からタバコの吸い殻などのゴミをそこら辺りに捨てまくってて、他人から注意もされず見逃して許して貰えるのも当たり前だと思っておきながら、財布なんかの大事な物なんぞを落とした時だけ「拾って届けて貰える筈である」などと思ってるのは虫の良い考え方でして、
泥棒を警戒している家では、サンタクロースからプレゼントもらうなんてとてもでは無いが無理なのもありますね。
不審者に侵入されて、お家にあるものを盗まれる覚悟無くしては、貰える事もありえずなので、「福は内」「鬼は外」というのはむずかしそうですね。

サンタクロースと宗教は違っても、いよいよお迎えが来たそのときに、初対面の相手から「良いところに連れてってやる」なんて言われて、「胡散臭いこんなヤツなんぞ信用できるか?」などと警戒してたら、良いところに行ける可能性も減ってしまうんでありまして、騙されるのを覚悟してなくては、良いところにも行けないんですね。
他人を疑う事を知らぬ聖者は、スパムメールに対しても全て返信せねばならず、清いココロを保つというのはそのくらい大変でもあるんですね。

で、何を言いたかったのか今ひとつ思い出せませんが、「死霊たちの夏」展がいよいよ始まります。
ここに参加させていただいております「たまし」ですが、この調子では死んだら悪霊になるかもしれないです。


今回の作品展は言わば少数派的な集まりになってるかと思いますが、
少数派、そこにはそこの価値基準があって、そこにはそこの優等生と劣等生とがあるんでして、
よほど深入りして勉強せねば優等生にはなりえないどころか、生半可な頑張りごときでは及第点さえ得られないんですよね。何かと難しいもんです。

IMG_5472tunac.jpg

「死霊たちの夏」展
西暦2017年08/21(月)から08/26(土)(12:00から19:00まで。最終日は16:00まで。)
GINZA GALLERY STAGE-1
104-0061 東京都中央区銀座1-28-15鈴木ビル1F

プロフィール

たまし

Author:たまし
「かおだま」づくりの「たまし」です。
いきとしいけるもの、いきないもの、ゆめにでるひとなどをつくってよにおくりだしております。
どうぞよろしくおねがいいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ